札幌より日々意見を発信しています。法科大学院の廃止、弁護士人口激増の阻止、裁判員制度の廃止へ向け活動中。

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
朝鮮人差別 歴史を歪曲する小池百合子氏が都知事である資格はない
2017年09月02日02:08
 小池百合子都知事が日朝協会などが主催する関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への都知事名での追悼文を寄せることを拒否しました。
小池東京都知事が関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文を拒否 イデオロギー優先 民進党前原氏の姿勢が問われる

 関東大震災が起きた直後、流言飛語により多くの朝鮮人が日本人に殺されました。これは虐殺です。震災で亡くなった人たちと、人の手によって意図的に殺された人たちが同じ震災の犠牲者であろうはずもありません。
 常識的な感覚があれば、これくらいの違いはわかります。

 小池氏の本性が出たということです。
 この小池氏のインタビューへの回答があまりにも人を馬鹿にした内容になっています。

IWJ Webサイトより
「極右政治家」の本性!「関東大震災での朝鮮人虐殺はなかったか?」との質問には明確に答えず!震災被災者を追悼したから虐殺被害者に追悼文を出す必要はない!?~小池百合子都知事会見 2017.8.2

 何を聞かれても質問には正面から答えることなく、震災で亡くなった人たちを慰霊する気持ちに変わりはないと繰り返すだけです。

●亡くなったことの意味が違うのではないか。
●民族差別によって生まれたこの事件について追悼することに意義を見出さないのか。
●追悼文を送らなかったことについて、この虐殺が否定されるという批判についてどのように考えるのか。
●追悼文について自分で判断するとしたが、その内容について実際に読んでどのように考えるのか。

 昨年、追悼文が出したことの判断は誤ったということかという質問に対しては、小池氏は、知らなかった、今回は自分で判断したと回答しています。
 要は、自分の判断でこの問題については追悼文は送らないと判断したというのですから、この内容が気に入らない、という表明でもあります。震災によって亡くなった人たちと虐殺によって殺されていった人たちの意味の違いがわかるからこそ、自分で「判断」して追悼文を送ることを拒否したという意味です。

負の歴史を歪める人たちは人として信用できない
朝鮮関東大震災虐殺韓国

 そして、虐殺があったのかなかったのかについてすら答えない、答えられないことに小池氏のイデオロギーがはっきりと表れています。
 小池氏にとっては、関東大震災の際、日本人による朝鮮虐殺という事実は、歴史上、存在していないのです。
 小池氏は、それを正面から言ったら大問題になることくらいは理解しているようです。
 このような歴史を歪曲するような人物が東京都知事であることは大問題です。小池氏が知事である資格はありません。


ブログランキングに登録しています。
クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事

カテゴリ : 政治

コメント : 17 / トラックバック : 0

トラックバックURL http://inotoru.blog.fc2.com/tb.php/2960-2268d44f
< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く
トラックバック