札幌より日々意見を発信しています。法科大学院の廃止、弁護士人口激増の阻止、裁判員制度の廃止へ向け活動中。

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
北朝鮮指導部によって繰り返される挑発行為 準備せよ? 平和ボケ? 先制攻撃しろというのか
2017年09月07日09:33
 北朝鮮が先般、行った核実験はその規模から水爆実験ではないかとも言われていますが、北朝鮮指導部は、ますます自滅の道を突き進んでいます。
 こうした状況の中で、北朝鮮に対する軍事的な圧力をますます強めよという姿勢は、結局のところ戦争に突き進めと言っているのと全く同じです。
 対話で解決しない、などという言われ方もしますが、むしろ軍事的な緊張を煽る言動ばかりで、対話で解決しようとしていないのは日本政府の側です。
 米国も選択肢としての対話は示していますが、どうにか屈服させようという姿勢の方が強調されています。

 もちろん対話と言ったところで、北朝鮮の要求を受け入れろというのとは違います。北朝鮮が欲しているのは、食料と原油ですが、これをくれてやれということではありません。北朝鮮指導部が行っている行動に意味がないことを知らしめるためにも対話は必要です。
 中国政府が言葉だけは「強烈」な不快感を示していますが、その反面、原油の輸出を止めていないので、相手にされていないというレベルですが、やはりそこでも求められているのは対話なのです。

 もともと原油を北朝鮮に輸出している中国とロシアは儲かるからという側面もあり、互いに同時に禁輸を実施しなければ、禁輸が実現しない状況にはあります。
 その意味では中国、ロシアとも対話が必要です。この中国、ロシアと対話ができずして、北朝鮮問題が解決するはずもありません。
 米ロ間の対立も北朝鮮問題解決を困難にしていますが、何故、日本政府は、米ロの間に割って入って、少なくとも北朝鮮問題では対話を促すことができないのかということです。
 こうした対話を促すこともせず、あまりにも米国の軍事力に片寄った政策を推し進めているからです。
 こういった姿勢が「対話」を遠のかせ、現実的な解決の道を塞いでいるのです。

 その一方で北朝鮮の挑発行為に対して、準備を整えよなどという主張も問題ばかりです。
 準備と言ったところで、今、行われている北朝鮮指導部により挑発行為に対して、いつ完成できるともわからない迎撃システムの構築なのですか。これって今の事態は大したことではない、今すぐに事が起きるというわけではなく、挑発に過ぎないということを認めているようなものです。

それとも準備というのはこういうことか?
北朝鮮BBCBBC攻撃避難訓練


 そのような「準備」を飛び越えてしまって、すぐにでも北朝鮮を攻撃せよ、などと息巻いている人たちもいますが、本当に非現実的です。
参照
ウーマン村本に上念司が「いまの戦争は“ポチッとな”で終わる」とトンデモ主張! 現実をわかってないネトウヨのお花畑脳」(リテラ)

 何故、こうまで好戦的になれるのかがよくわかりませんが、現実世界と自分の頭の中の妄想と区別がついていないのでしょう。

 それから私が北朝鮮人民を守れという趣旨のことを書いたところ、北朝鮮擁護だというように言う人たちもいますが、私は北朝鮮指導部を擁護したことはありません。
 北朝鮮人民は、北朝鮮指導部によって抑圧されている被害者だと言っているだけです。
 北朝鮮の国家体制が崩壊し、その結果、中国などの難民が押し寄せるのであれば、そのための経済的負担を分担するか、日本でも北朝鮮難民を受け入れよ、と主張しているのです。
 中国政府が懸念しているのは、食料や原油の禁輸に踏み切ることによる北朝鮮の国家体制が崩壊し、難民が押し寄せてくることです。
 そうした懸念をどうやって取り払うのかということが、まさに対話の目的なのです。

北朝鮮が水爆実験? トランプ氏米国にとっての興味は自国に脅威となるかどうかだけ 安倍政権の「恫喝」一辺倒は最初から限界があることを知るべき

 これこそが日本国憲法9条の意義であり、私たちは憲法9条にこそ自信を持ち、対話を呼び掛けるべきなのです。


ブログランキングに登録しています。
クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事

カテゴリ : 政治

コメント : 48 / トラックバック : 0

トラックバックURL http://inotoru.blog.fc2.com/tb.php/2973-e278a824
< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く
トラックバック